不動産を買う | 城新建設 町田市の不動産情報 | 町田 新築一戸建て 中古一戸建て 土地 マンション 不動産

総物件数  1,264 件  2017-12-15 17:36:06 更新
ようこそゲスト様 


不動産を買う

個人情報の取り扱いについては、コチラ。

不動産購入の流れを詳しく解説いたします。不動産を購入するときは、皆さまの不安や疑問がいっぱい。初めての方にも分かりやすいよう、 住まいの計画からお引き渡しまでの流れを詳しくご案内します。

STEP1  住まいの計画を立てよう

御自分の希望条件の「優先順位」をはっきりさせます。

通勤時間?子育ての環境?価格?一戸建?マンション?書き出してみると整理がつきやすくなります。

資金計画をたてます。

マイホーム購入は多くの人にとって生涯でもっもと高い買い物です。マイホームの値段は下がってきているとはいえ、数千万円というお金を一括で払える人はそういないでしょうから、通常住宅ローンを組んで月々少しずつ返済していくことになります。住宅ローンを選ぶときの基本は『金利の低いものから』ですが、単に表示されている金利の数字が小さければいいというものではありません。検討すべき点は次のようにいくつもあります。
■元利均等返済か元金均等返済か。
■金利タイプはどれを選ぶか。(固定金利型か変動金利型か)
■返済期間は何年にするか。
■ボーナス払いをどうするか。その割合はどれくらいにするか。
などで、もうひとつ大切なのが住宅ローンの種類です。たとえば、住宅金融公庫は長期固定型ですが、購入価格の80%までしか融資を受ける事が出来ません。また、民間金融機関には100%融資可能のローンもありますので、自分のライフスタイルにあった住宅ローンを探してみましょう。ですが、自分で資金計画を立てるのはなかなか難しいので、不動産会社や金融機関などに資金計画を立ててもらうと良いでしょう。

インターネット・折込チラシ等で情報収集!!

前述した条件に合う物件であてはめながら情報を集めます。
立川市・日野市・国立市・府中市の不動産情報なら当社におまかせ下さい。
当ホームページまたはカラーチラシで楽しく物件選びを始めて下さい。
※物件を見学する際には物件だけでなく周囲の環境等もしっかり確認して下さい。
※何件かの候補が出たら価格・立地・間取り・交通・環境など項目順に評点をつけて比較してみて下さい。

希望する物件が見つかった!

「購入申込書」「買付証明書」の提出
不動産購入で成功するカギはお客様の「決断」です!優先条件をしっかり見据えてできるだけ早く決めましょう。


STEP2  売買契約の締結

重要事項の説明。

この説明は物件に関する権利関係や規制を受ける法令、埋設管の状況説明など、とても重要な内容ですのでよく理解したうえで、契約を締結して下さい。不明な点や気になる点は遠慮せずに必ず質問・確認して下さい。尚、この説明は必ず宅地建物宅地建物取引士が主任者証をお客様に提示した上で説明することと法律で定められております。

不動産売買契約の締結

売買価格や引渡時期、解除要件や違約金の額等、その他色々な決め事が記載されていますので、内容を確認してから締結して下さい。

手付金の支払い

不動産売買契約締結時に支払います。(金額は売買価格の1~2割程度が一般的)手付金は残金決済時に売買代金の一部として充当されます。また、契約内容によっては中間金を支払うケースもあります。

仲介手数料の支払い

仲介手数料の支払い時期は不動産会社によって異なります。不動産売買契約締結時と残金決済時に半金づづ支払うケースや残金決済時に一括で支払うケースなどがありますので、不動産会社に確認して下さい。
※売買契約締結後はキャンセル出来ませんので、よく理解したうえで署名・捺印して下さい。


STEP3  決済までの準備

ご契約時に必要なもの

必要書類を揃えてお申込み頂きます。用意する書類は各金融機関によって異なります。

『融資申込時の代表的な必要書類』

●印鑑証明
●所得証明(源泉徴収票・納税証明書等)
●住民票
●売買契約書の写し
●登記簿謄本(土地・建物)
●公図・実測図

融資承認

融資申込み手続き完了後、金融機関より審査結果連絡が来ます。融資内容はお客様の諸条件により増減がある場合があります。承認が得られれば、引渡に備えて早めに引越しの準備を進めましょう。

金銭消費貸借契約の締結

ローンを借りる為に銀行と結ぶ契約を締結します。残代金決済前に手続きをしますので、金融機関とお打ち合わせ下さい。


STEP4  決済そして登記へ

残代金の支払い→決済

買主がローンを借りる銀行で行います。この時には売主・買主、不動産会社、登記を代行する司法書士等、関係者全員が集まります。買主は残代金や下記の費用を支払います。

公租公課の精算

固定資産税等の請求は1月1日の所有者あてにきますので日割精算をします。また、管理費等も売主が支払っているケースが殆どなので、精算をします。

諸費用の支払い

登記費用やローンに関する費用を支払います。金額等は事前に不動産会社とお打ち合わせ下さい。

仲介手数料の支払い

仲介手数料の支払い時期は不動産会社によってまちまちです。不動産売買契約締結時と残金決済時に半金づつ支払うケースや残金決済時に一括で支払うケースなどがありますので、不動産会社に確認して下さい。

いよいよ登記手続・鍵の受領
残代金の支払いと同時に所有権移転登記に必要な書類や鍵などを受取り、司法書士が登記手続きを行うのが
一般的です。また、ローンを借りる場合は抵当権の設定も同時に行います。